2014年10月

窓を開けたら

窓を開けたら

(公開: 2014年10月 9日 (木))

 やっと暑さも和らぎ、外の風が心地よい季節になってきました。  窓を閉め切ってエアコンを使う生活から解放されそうです。  暑さでやむなくエアコンを使っていましたが、快適な室温で過ごす代償として電気代を着々と徴収されています。カウントされていく電気のメーターを想像すると心臓に良いことではありません。  今日は、気持ちよい外の空気と一体となる爽快感を味わうために窓を開けてみました。  空気は気持ちよいです。電気代の心配も必要ありません。  しかし、うるさいです。音がじかに入ってきます。ガラス板一枚でこうも違うものなのでしょうか。  窓を閉めていたときは、どこか遠くの騒音という感じで意識の外に追いやられていたさまざまな音。車の音、人の往来、風の音、航空機の音。それらの音が入り交じり、うなるような重低音となり部屋の中にこだまします。  私はそっと窓を閉めました。この音を聞かないで済むなら払う電気代など安いものです。 薬剤師求人 非公開情報ナビjp